リスティング広告(PPC広告)

お客様それぞれの目的やビジネスモデルを考慮して、検索連動型広告の最適化を実現いたします。

具体的には、弊社の専門スタッフが、キーワードの選出、広告文(タイトル・説明文)の作成、ランディングページ(リンク先)の設定、予算の管理、キーワードの順位管理などをワンストップで実施し、費用対効果の改善と機会損失の回避を両立いたします。

弊社では検索連動型広告のノウハウを体系化しています。
検索連動型広告の無料簡易診断もご提供していますので、お気軽にご相談ください。


検索連動型広告をチェックする5つの観点


キーワードの幅

潜在顧客の獲得漏れを防いで機会損失を防止するという観点からは、キーワードのカバー範囲を広げて対象セグメント(潜在顧客のかたまり)を確実に拾っていくことが重要です。

キーワードの幅詳細ページ

キーワードの深さ

広い概念の「ビッグキーワード」は多くの広告主に人気があるため、検索連動型広告が採用している入札制(オークション)ではクリック単価が高くなります。追加キーワードを掛け合わせることにより、コストの削減が可能になります。

キーワードの深さ詳細ページ

クリエイティブ作成

広告文のタイトルや説明文を「クリエイティブ」と呼びます。クリエイティブ作成は潜在顧客との唯一の接点であり、的確な訴求力が求められます。
(検索連動型広告はクリック課金なので、過剰な表現は費用対効果の観点からはマイナスになります)

クリエイティブ作成詳細ページ

ランディングページ設定

検索連動型広告をクリックした時に表示されるページを「ランディングページ」と呼びます。
ランディングページの見せ方が、訪問者(潜在顧客)が次のページを見るか、それとも別の競合他社のサイトに逃げてしまうかの分岐点になります。

ランディングページ設定詳細ページ

キーワード入札管理

広告の掲載位置は入札金額によって決定されます。高いクリック単価で入札をすれば良いポジションに掲載されますが、逆に費用対効果は悪化するので、入札戦術が非常に重要です。
また、ページ内での掲載位置はリアルタイムで変更されるため、常に競合他社の動向に注意を払う必要があります。

キーワード入札管理詳細ページ

お問い合わせ




ページのトップへ戻る